マウスピース矯正で歯茎が下がる?原因や下がった歯茎を元に戻す治療について | ワイヤー矯正をしたくない方向けの大阪の専門医院

マウスピース矯正で歯茎が下がる?原因や下がった歯茎を元に戻す治療について

マウスピース矯正で歯茎が下がる?原因や下がった歯茎を元に戻す治療について

『マウスピース矯正で歯茎が下がってしまうのは本当ですか?』
『歯茎が下がると何が問題なのでしょうか?』
『下がった歯茎は元に戻らないのですか?』

マウスピース矯正をすると歯茎が下がる、歯が長く見えるようになる、といった話を聞いたことはありますか?当院にご来院くださる患者様からも、実際に歯茎下がりについてご質問をいただくことは多いです。

歯茎が下がってしまう現象のことを『歯肉退縮』と言いますが、実際のところマウスピース矯正を行うと、歯肉退縮が起きるのでしょうか?このページでは、気になる歯肉退縮とマウスピース矯正の関係について、歯茎が下がるとどのような問題が生じるのか、解決方法の有無などについて解説します。

大阪府松原の当院マウスピース矯正歯科では、インビザラインを使用したマウスピース矯正をご提供しております。院長の中村はマウスピース矯正のスペシャリストですので、他院では治療出来ないと言われた症例や、歯を抜かないといけないと言われた難しい治療でも、当院では問題なく治療できるケースが多いです。矯正治療でお困りの方はぜひ一度お問い合わせください。

まずはぜひ当院の矯正治療の症例をご覧ください。当院の技術力が一目でご理解いただけます。

マウスピース矯正で歯茎が下がるのは本当?

マウスピース矯正で歯茎が下がるのは本当?

マウスピース矯正を行うと歯茎が下がるという話を聞いたことはありますか?事実として、マウスピース矯正後に歯茎が下がってしまうことがあります。

通常、歯はその周囲を歯周組織(歯肉や歯槽骨)によって取り囲まれています。歯茎が下がった状態とは、歯肉や歯槽骨が退縮したり、歯の位置が変わることで歯周組織から歯がはみ出てしまうことで、本来は歯周組織に囲まれている箇所が露出してしまっている状態を指します。特に下顎の前歯は歯肉や歯槽骨といった歯周組織が薄いため、歯茎下がりが起きやすいと言われています。

矯正治療を行う際には、歯が歯周組織から飛び出すことのないように治療計画を立てますが、治療計画に問題がある場合や、治療計画通りに歯が動かなかった場合など、歯肉退縮を起こしてしまうことがあります。

マウスピース矯正で歯茎が下がる仕組み

マウスピース矯正で歯茎が下がる仕組み

歯茎が下がった状態(=歯肉退縮)についてさらに詳しくご説明します。歯の露出している箇所は「歯冠」と呼ばれており、歯肉や歯槽骨に覆われている箇所を「歯根」と呼びます。歯茎が下がると、歯根が露出してしまい、この状態を歯肉退縮と呼びます。

歯茎が下がったというだけでなく、『歯が長くなった』『口元が痩せた』『歯茎が痩せた』と表現される場合もあります。以下ではマウスピース矯正を受けた際に歯肉退縮が起きる原因として、4つのケースをご紹介します。

  • ①骨のない位置に歯を動かしてしまった
  • ②マウスピースが適合していない
  • ③口腔衛生環境の悪化による歯周病
  • ④過度なブラッシング

ただしこれらの問題のほとんどは、マウスピース矯正に限らず、ワイヤー矯正でも同じように起こりうることです。また矯正治療中に限らず、同様の理由で歯肉退縮が起きる可能性もございます。以下でより詳しく解説しますので、ぜひご覧ください。

①骨のない位置に歯を動かしてしまった

先述した通り、歯肉や歯槽骨がない箇所に歯を動かしてしまうと、歯が歯周組織から飛び出してしまい、歯茎が下がった状態になってしまいます。インビザラインをはじめとしたマウスピース矯正では、CT撮影や口腔内スキャナで取得したデータを元に、デジタル上で歯を動かす位置を決める治療計画を作成します。デジタル上では好きな位置に歯を動かすことができますが、この際に無理に歯を並べようとした結果として、歯槽骨や歯肉のない位置に歯を動かしてしまうケースが考えられます。

マウスピース矯正はデジタル上でのシミュレーションが行えるため、どの歯科医院で治療を受けても同じようなクオリティになると考える患者様もおられるのですが、それは間違いです。歯科医師の知識や経験によって、デジタル上での治療計画は全く異なるものになります。その違いの一つには、歯肉退縮を起こさないような治療計画を立てられるかどうか、という点も挙げられます。

またこれはワイヤー矯正でも同様で、歯槽骨や歯肉の形を無視して歯を動かしてしまうと、ワイヤー矯正でも同様に歯肉退縮を引き起こします。

②マウスピースが適合していない

マウスピース矯正に特有の歯肉退縮の原因として、マウスピースがうまく適合していないケースが挙げられます。

そもそもマウスピース矯正では、患者様の現在の歯並びから治療計画のゴールとなる理想の歯並びに向かって、少しずつ形の違うマウスピースを定期的に交換しながら装着することで、歯に力を加えて徐々に歯を動かします。マウスピース同士のズレは、正常に治療が進行することを前提に設計されているため、治療計画通りに歯が動いていない状態でマウスピースを交換すると、歯に想定以上の強い力がかかってしまいます。

歯に強い力がかかると歯を支えている歯槽骨にも強い負荷がかかり、それが原因で歯槽骨が吸収(減少)し、歯肉退縮を引き起こすことがあります。

なお、治療計画通りに歯が動かない原因はさまざま考えられますが、特に多いケースとしてはマウスピースの装着時間を守っておらず歯が十分に動いていないケースが挙げられます。

③口腔衛生環境の悪化による歯周病

歯肉退縮の主な原因として、歯周病が挙げられます。歯周病が進行すると歯周組織が破壊され、徐々に歯茎が下がります。

マウスピース矯正では1日20時間〜22時間ほどマウスピースを装着するため、装着中に口腔衛生環境が悪化してしまい、歯周病を発症する可能性があります。ただしマウスピース矯正を行うと必ず口腔衛生環境が悪化するというわけではありません。マウスピース矯正には、マウスピースを取り外して清掃を行えるため、ワイヤー矯正よりも清潔な状態を維持しやすいという特徴があります。

マウスピース矯正中に口腔衛生環境が悪化してしまう方は、多くの場合以下のいずれかに当てはまります。

  • 歯ブラシなどのケアが不十分
  • マウスピースをつけたままジュースを飲んでいる
  • 軽食後に歯磨きせずマウスピースを再装着している

上記に気をつければマウスピース矯正中に歯周病になったり、それが原因で歯肉退縮する可能性を大幅に減らせるはずです。

④過度なブラッシング

④過度なブラッシング

口腔衛生環境を清潔に保つためには日々のブラッシングが非常に重要です。しかし間違ったブラッシングを行ってしまうと、汚れが落ちないだけでなく、歯肉退縮の原因になってしまうことがあります。特に過度に力をこめたブラッシングは、歯肉を痛めてしまい、歯肉退縮を起こすことがあります。

また過度に力が弱い場合も、汚れが十分に取り除けず、口腔衛生環境を清潔に保てません。

ブラッシングをはじめ口腔のケアについては、歯科医院で指導を受けることができます。マウスピース矯正を検討されている方はもちろん、ブラッシングがうまくできているか不安な方、歯肉退縮を防ぎたい方は、ぜひ一度ブラッシング指導を受けてみてください。

歯茎が下がる(歯肉退縮)リスクやデメリット

歯茎が下がる(歯肉退縮)リスクやデメリット

インビザラインでは、患者さまの歯型と骨の状態をもとに、歯科医師が理想の歯並びと治療計画を作成します。この治療計画で無理に歯を並べたり、設計に問題がある場合は想定外に歯が動き、歯肉退縮につながるケースがあります。

ここからは具体的に、歯肉退縮が起きてしまった際の患者様のリスクやデメリットについてご紹介します。主なリスクやデメリットは以下の4点です。

  • ①審美性(見た目)に悪影響が生じる
  • ②根面う蝕(虫歯)や歯周病のリスクが高まる
  • ③知覚過敏になる恐れがある
  • ④最悪の場合、歯が抜けてしまう可能性も

以下で詳細にご説明します。

①審美性(見た目)に悪影響が生じる

歯肉退縮が起きてしまうと、本来は歯茎に隠れて見えない歯の根に近い箇所が見えてしまうため、歯が長く見える様になります。歯そのものや歯並びが綺麗だとしても、歯が長く見えると老人の様な印象になってしまいます。

マウスピース矯正を受ける方は、歯並びを綺麗にして審美性を高めることが目的かと思いますが、せっかく歯並びが綺麗になっても歯茎が下がったことで審美性が下がってしまうケースがあるのです。

ブラックトライアングルができる場合もあります

ブラックトライアングルができる場合もあります

ブラックトライアングルとは、歯と歯肉の間にできる三角形の隙間で、黒っぽく見えることからその名がついたものです。

歯肉退縮が起きて歯肉が後退すると、歯の根っこが露出して歯が長くなります。それによって歯と歯と歯肉の間に三角形の隙間ができてしまいます。また歯肉退縮が起きていなくても、矯正治療による歯の移動によって隙間が生じて、ブラックトライアングルができるケースがあります。特に叢生とよばれる歯が重なり合ったようなガタガタの歯並びを矯正すると、ブラックトライアングルができるケースが多いです。

>>ブラックトライアングルの原因と治療方法

当院ではブラックトライアングルができないような矯正治療を行っており、ブラックトライアングルができてしまった場合もリカバリーのための治療方法を複数ご用意しております。

マウスピース矯正専門ドクターに
なんでも相談できる60

30秒でカンタン入力!

無料相談を予約する

②根面う蝕(虫歯)や歯周病のリスクが高まる

歯肉が退縮すると、歯と歯の間の隙間が大きくなるため、その隙間に食べ物のカスなどが挟まってしまい、歯垢が溜まって歯肉が形成されやすくなります。それによって虫歯や歯周病の原因菌が増えてしまい、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

また歯肉が退縮することによって、本来であれば歯茎の中に隠れている歯の根っこが露出するため、歯の側面が虫歯になってしまう根面う蝕という症状が起きることもあります。

③知覚過敏になる恐れがある

歯肉が退縮して歯の根っこが露出すると、知覚過敏になってしまうおそれがあります。本来であれば、健康な歯は歯茎によって歯の根を覆われているため、冷たいものなどの刺激が神経にまで到達することは滅多にありません。

しかし歯肉が退縮することで歯の根が露出すると、冷たさなどの刺激が歯の神経まで届きやすくなるため、知覚過敏の症状が現れやすくなるのです。

④最悪の場合、歯が抜けてしまう可能性も

歯肉退縮が進行して虫歯や歯周病が発症すると、最悪の場合には歯が抜けてしまう可能性もあります。

根面う蝕などの虫歯を発症すると、歯が噛み締める力に耐えられずに、歯が割れたり欠けたりします。歯周病が発症すると、歯肉退縮がさらに進行したり、歯を支える歯槽骨が破壊されて歯がグラグラし始め、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

マウスピース矯正専門ドクターに
なんでも相談できる60

30秒でカンタン入力!

無料相談を予約する

マウスピース矯正で歯肉退縮を起こさないための注意点

マウスピース矯正で歯肉退縮を起こさないための注意点

歯肉退縮が起こってしまったら、自力で治したり自然に改善することはありません。何もしなければどんどん悪化する可能性もあります。

もし歯茎が下がってきたと感じたら、何が原因になっているかを知るため、すぐに歯科医師へ相談しましょう。マウスピース矯正が原因になっている場合、マウスピースの調整や治療計画の練り直しを行うこともあります。

重症度によっては、歯茎の再生治療や歯肉の移植などが必要になることも。歯肉退縮は気づかないうちに進行しているケースも多いので、少しでも違和感を感じたら早めに歯科医院へ相談することが重要です。

以下では、マウスピース矯正で歯茎が下がるのを防ぐために、患者様がご自身でできる注意点をご紹介します。

①マウスピース(アライナー)の装着時間を守る

①マウスピース(アライナー)の装着時間を守る

歯肉退縮を防ぐためには、マウスピースの装着時間が1日20時間以上確保できるよう自分自身で管理しなければなりません。基本的に食事や歯磨きのとき以外は装着しておくことをおすすめします。

装着時間が不足していると、治療計画通りに歯を動かすことができず、歯に無理な力がかかってしまいます。もし何日も装着時間が守れない日が続いている場合は、計画通りに歯が動かせなくなっている可能性がありますので、必ず歯科医師に相談してください。

②適切なブラッシングを行う

歯磨きが不十分だと歯周病が進み歯茎が下がってしまいますので、マウスピース矯正中は口腔内を清潔に保つことが非常に重要です。歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやフロスなども利用して丁寧に磨くようにしましょう。

ただし、ブラッシングの力が強すぎても歯茎を傷つけてしまい、歯肉退縮の原因になってしまいます。やわらかめの歯ブラシを使い、適切な力で歯磨きをするようにしてください。

正しい歯磨きの仕方を身に着けるためにも、一度歯科医院でブラッシング指導を受けてみるのもおすすめです。

③マウスピース(アライナー)の衛生管理を徹底する

口腔内だけでなくマウスピースの衛生管理を徹底することも、歯肉退縮を防ぐためには大切なポイントです。マウスピースが不衛生なまま使用していると歯周病の悪化につながります。

飲食をする際は外し、しっかり洗浄してから装着するなど、使用上の注意も守り常にマウスピースを清潔に保つようにしましょう。

④違和感や不具合がある場合はすぐに歯科医師に相談する

マウスピースの破損や縁があたって痛い、引っかかるなどの不具合は、放置せずにすぐに歯科医師に相談してください。不具合のあるマウスピースを使用していると、適切な力で歯を動かせず歯茎が下がる原因になることも。

マウスピースの縁を削ってもらうだけでも症状が改善し、歯茎が下がるのを予防できるケースもあります。

マウスピース矯正専門ドクターに
なんでも相談できる60

30秒でカンタン入力!

無料相談を予約する

歯肉退縮を確実に予防する方法はありません

マウスピース矯正には歯並びがきれいになるメリットだけでなく、歯茎が下がるリスクもあります。歯肉退縮を起こしてしまうと改善するのは困難ですので、歯茎が下がらないように歯科医師の指示に従い口腔ケアを徹底することが大切です。

マウスピース矯正をはじめてから後悔しないためにも、事前に歯茎が下がるリスクについてもしっかり理解しておきましょう。

まとめ:当院では矯正後の歯茎が下がりへの対処も可能です

このページでは、マウスピース矯正をすると歯茎が下がってしまうのか?という疑問をお持ちの方に向けて、マウスピース矯正と歯肉退縮の関係や、歯肉退縮を起こしてしまう原因、歯肉退縮をなるべく起こさないための注意点についてご説明しました。

患者様に必ずご理解いただきたい点としては、どれだけ注意してマウスピース矯正を行ったとしても、歯肉退縮を確実に予防することはできないということです。またこれはマウスピース矯正に限った話ではなく、ワイヤー矯正の場合であっても、歯肉退縮が起きる可能性があります。

そのため矯正治療を受ける際には、矯正後の歯肉退縮への対応ができる歯科医院を選ぶことが重要です。当院では歯肉退縮した箇所を歯茎で覆う根面被覆術や、ブラックトライアングルを埋めて審美性を改善するダイレクトボンディングの治療などにも対応しておりますので、ご安心ください。

大阪府松原の当院マウスピース矯正歯科では、インビザラインを使用したマウスピース矯正をご提供しております。院長の中村はマウスピース矯正のスペシャリストですので、他院では治療出来ないと言われた症例や、歯を抜かないといけないと言われた難しい治療でも、当院では問題なく治療できるケースが多いです。矯正後の歯茎下がりに対応するための根面被覆術やダイレクトボンディングも多数行っております。矯正治療でお困りの方はぜひ一度お問い合わせください。

マウスピース矯正専門ドクターに
なんでも相談できる60

30秒でカンタン入力!

無料相談を予約する