八重歯はマウスピース矯正で治せる?治療方法や注意点など八重歯の全てを解説 | ワイヤー矯正をしたくない方向けの大阪の専門医院

八重歯はマウスピース矯正で治せる?治療方法や注意点など八重歯の全てを解説

『八重歯はワイヤー矯正じゃないと治らないと言われた』
『マウスピース矯正は簡単な歯並びしか出来ない?』
『矯正治療はしたいけど、ワイヤー矯正だと口内炎や痛みが心配で踏み切れない、、、』

当院には、ワイヤー矯正じゃないと治療できない、マウスピース矯正だときちんと治らないと診断を受けた方がセカンドオピニオンに大勢来られています。

ワイヤー矯正の経験も多い私ですが、結論から言うと八重歯はマウスピース矯正で治療可能です。さらに言うとマウスピース矯正で八重歯の治療を多く治療した経験からお話させて頂くと、八重歯矯正はマウスピース矯正の方がワイヤー矯正に比べて治療期間も短く、綺麗に治療できると言えます。

上記の写真は、何件か矯正相談に行ったが、ワイヤー矯正でしか治療は難しいと診断を受け、当院にセカンドオピニオンに来られた方の治療前後の歯並びの写真になります。実際にはマウスピースのみで綺麗に並び、治療期間も2年かかっていません。

マウスピース矯正はどこで治療しても同じと考えられている方も多いように感じます。実は先生によって全く結果が変わってくるんですね。

この記事ではマウスピース矯正でなぜ八重歯を治療することが出来るのか、八重歯の矯正治療でマウスピース矯正を選ぶメリット・デメリットやワイヤー矯正との違いについて解説します。

大阪府松原の当院マウスピース矯正歯科では、インビザラインを使用したマウスピース矯正をご提供しております。院長の中村はマウスピース矯正のスペシャリストですので、他院では治療出来ないと言われた症例や、歯を抜かないといけないと言われた難しい治療でも、当院では問題なく治療できるケースが多いです。矯正治療でお困りの方はぜひ一度お問い合わせください。

まずはぜひ当院の矯正治療の症例をご覧ください。当院の技術力が一目でご理解いただけます。

当院で八重歯がマウスピース矯正で治療可能な理由

マウスピース矯正は患者さんの歯並びを口腔内スキャナと呼ばれる機器で歯並びを3Dで撮影していきます。このデータを元にコンピュータ上でマウスピースの設計を行なっていきます。

八重歯に限らず、矯正治療は診断と治療技術が大切になってきます。診断とは患者さんの歯並びや骨格、お顔を元に問題点や現状を分析し、治療をどのように行うのが良いか決定する事です。診断は矯正治療の経験が豊富かどうかにかかってきますので、矯正専門で多くの患者さんの治療を行なってきているかが大切です。

治療技術はワイヤー矯正ではワイヤーを曲げたりする技術です。マウスピース矯正ではマウスピースの設計になります。

マウスピース矯正では、矯正治療の診断に加え、マウスピースの設計をどのようにしていくかがとても重要になります。この診断とマウスピースの設計が正しくできる先生であれば、八重歯のような難しい歯並びでもマウスピース矯正のみで治療可能になります。

当院では八重歯の方を大勢マウスピース矯正のみで治療しているため、どのように設計すれば上手くいくかが分かっていますので、治療期間も短く綺麗に仕上げる事ができます。

逆にマウスピースの設計や診断が間違っていれば、いくら患者さんが頑張ってマウスピースをつけてもゴールに向かっていかないため、治療が長引いたり、治らないということが起こってしまいます。

実は八重歯矯正はマウスピース矯正の方が向いている?

最初にもお話したように、ワイヤー矯正、マウスピース矯正どちらの経験も多い私ですが、八重歯矯正はマウスピース矯正の方が治療期間も短く、綺麗に仕上げる事が出来ると考えています。

治療期間が早い理由や八重歯矯正はマウスピース矯正が向いていると考えられる理由は以下になります

  • ①ワイヤー矯正と違いレベリングと呼ばれる作業がない
  • 通院頻度が少ないため、予約の取りにくさなどに左右されない
  • 治療期間中の生活がワイヤー矯正に比べると、快適に過ごせる

それぞれについて、少し詳しく説明していきます。

①ワイヤー矯正と違いレベリングと呼ばれる作業がない

少し専門的になりますが、ワイヤー矯正はガタガタ歯並びをまず真っ直ぐ硬いワイヤーを装着出来るように、すべての歯を直線上に並べるレベリングと呼ばれる作業があります。

この直線上に並べる作業はワイヤー矯正では必ず必要なのですが、マウスピース矯正では1本1本の歯をバラバラに動かせるため、このレベリングと呼ばれる作業が必要ありません。

この作業がない分、治療期間は早くなりますし、痛みも少なくなることが多いです。

②通院頻度が少ないため、予約の取りにくさなどに左右されない

ワイヤー矯正の場合は、ワイヤーを曲げて調整したり、新しいものに交換したりして歯を移動させていきます。通常1ヶ月に1度通院していただき、ワイヤーを交換したりしていきます。ワイヤー矯正をメインで行なっていたときは土曜日などは予約が中々取れずに、患者さんの治療期間が延びていくのが非常にもどかしく思っていました。

マウスピース矯正では最初にマウスピースを設計して、何十枚ものマウスピースを通常であれば1週間に1度、ご自宅で新しいものに交換していってもらいます。なので予約に左右される事なく、治療が進んでいきます。

実際当院では、オーダーメイドの設計と多くの治療経験から5ヶ月に1度の通院で大丈夫です。

③治療期間中の生活がワイヤー矯正に比べると、快適に過ごせる

3つ目は、八重歯矯正だからではなく、ワイヤー矯正に比べるとマウスピース矯正の方が治療期間中は快適に過ごしていただけることが多いと感じています。

ワイヤー矯正はやはり治療期間中の痛みや、見た目が気になる、口内炎が出来やすいなどネガティブな側面が多いです。

当院の無料カウンセリングで治療の可否も含めてご判断させていただきますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

マウスピース矯正専門ドクターに
なんでも相談できる60

30秒でカンタン入力!

無料相談を予約する

どこで治療しても同じではない八重歯矯正

マウスピース矯正は型取りをして、マウスピースを作ってくるのだから、どこで治療しても同じと思われている方がとても多いです。

先ほども紹介しましたが、診断と設計が命です。そこが正しくないと良い治療結果を得られません。

実際の設計(当院でオーダーメイドで設計したもの)

マウスピース矯正ではこのように歯並びと骨の位置を見ながら最終的にどこの位置に移動させるのか、どの順番で移動させるのか、歯につけるアタッチメントはどのような形にするかなど細かく設計していきます。

この設計が正しくないと、治療が終わらない、噛み合わせが悪くなるなどの問題が出てしまう場合があります。

修正前の設計(このまま治療すると問題が起こります)

患者さんの歯並びと骨の状態を元にコンピュータが自動でマウスピースの設計をしてきてくれます。ただこれを修正せずにそのマウスピースを作成すると問題が起きてしまいます。

分かりにくいと思うので、私が修正したののと比較したいと思います。

このように同じ歯並びでも、診断・設計が変われば治療の結果も変わってきます。なので今現在では、矯正治療の経験と設計技術がないと難しい歯並びをマウスピース矯正で治療することは困難と言えます。

八重歯矯正は抜歯が必要なの?

顔貌を加味して診断する医院を選ぶ

八重歯だと抜歯でワイヤー矯正と診断されたという方が多いですが、八重歯だから歯を抜くというわけではありません。

歯並びとお顔から総合的に判断する必要があります。歯を少し前に出した方が良い場合などは抜いてしまうと老け顔になったりするので注意が必要です。

八重歯は基本的にはスペースが必要なため、次の方法を組み合わせてスペースを確保する必要があります。

歯を並べるスペースを確保するための4つの方法

出っ歯を矯正するために歯を並べるスペースを確保する方法は、主に以下の4点になります。

  • 遠心移動
  • ②拡大
  • ③ストリッピング
  • ④抜歯

最も大きくスペースを作り出す方法が抜歯ですが、抜歯に抵抗がある方も多く、健康な歯はなるべく残した方が良い場合が多いです。そのため、当院ではできるだけ抜歯以外の方法でスペースを作り、どうしてもスペースが足りない場合は抜歯を行うなど、患者様のお口の状態やご希望に合わせて治療法を選んでおります。

以下で、歯を並べるスペースを確保する4つの方法について、より詳しく解説します。

①遠心移動

遠心移動とは、奥歯を後方に移動させることで、前歯が歯列に収まるためのスペースを作り出す方法です。歯の真ん中を中心に前歯側を近心、奥歯側を遠心と呼びます。

歯を並べるスペースがどのくらい必要かにより、遠心移動を行うべきか判断します。また、マウスピース矯正のみで遠心移動が難しい際は、顎間ゴムと呼ばれるゴムを歯にひっかけて歯を動かす場合もあります。

②側方拡大

側方拡大とは、歯列のアーチを外側に広げる形で、歯を並べるスペースを確保する方法です。

側方拡大の注意点として上下片方の顎のみ側方拡大すると、もう片方の顎との噛み合わせが悪くなってしまう点が挙げられます。。そのため側方拡大を行う場合は、上下の顎に対して同程度の拡大を行わなければなりません。

③ストリッピング(IPR)

ストリッピング(IPR)とは、歯と歯の間を削ることで、歯を並べるスペースを確保する処置のことです。

歯科専用のやすりで歯のエナメル質を削り、歯を並べるのに十分なスペースを作ります。健康な歯を削ると聞くと、抵抗感を覚える方も多いかと思いますが、、歯の一番外側のエナメル質を少し削るだけなので歯の健康は損ないません。

ただしストリッピングで作ることができるスペースは限られており、ストリッピングのみで十分なスペースを得られる症例はあまり多くありません。

④抜歯

ここまで3つの方法をご紹介してきましたが、これらの方法だけでは十分なスペースを確保できない場合、抜歯を行うことで歯を動かすためのスペースを確保します。

抜歯を行うと単純に歯一本分のスペースを作り出せるため、スペースが大きく不足している場合に有効な方法です。。ただし、健康な歯を抜くことには抵抗がある方も多いため、できる限り抜歯以外の方法でスペースを作ることが望ましいでしょう。

矯正治療の際に抜歯の対象になるのは、抜歯しても噛み合わせへの影響が少ない、前歯中央から4番目の第一小臼歯・5番目の第二小臼歯であることが多いです。

まとめ:八重歯はマウスピース矯正で治療可能です

大阪府松原の当院マウスピース矯正歯科では、インビザラインを使用したマウスピース矯正をご提供しております。院長の中村はマウスピース矯正のスペシャリストですので、他院では治療出来ないと言われた症例や、歯を抜かないといけないと言われた難しい治療でも、当院では問題なく治療できるケースが多いです。矯正治療でお困りの方はぜひ一度お問い合わせください。

マウスピース矯正専門ドクターに
なんでも相談できる60

30秒でカンタン入力!

無料相談を予約する