歯列矯正で抜歯して後悔するケース|やらなきゃよかったとならないための選び方 - ワイヤー矯正をしたくない方向けの大阪の専門医院

歯列矯正で抜歯して後悔するケース|やらなきゃよかったとならないための選び方

歯列矯正で抜歯して後悔するケース|やらなきゃよかったとならないための選び方

『抜歯矯正で後悔したくない』
『余計な歯を抜かれるんじゃないの?』
『抜歯矯正をして後悔している友達がいる』

抜歯矯正というとなんとなく健康に悪いようなイメージや、抜歯を行うことへの不安感、後悔したくないと心配になる方も多いかと思います。一度抜歯をした歯は二度と元に戻ることはなく、元に近いような状態を作るためには、インプラントなどの治療が必要になるため、抜歯に対して抵抗感や不安を感じるのは当然かと思います。

そこでこのページでは、歯列矯正で抜歯をして後悔しないために、抜歯して後悔しがちなケースと抜歯・非抜歯の選び方などをご紹介します。 

大阪府松原の当院マウスピース矯正歯科では、インビザラインを使用したマウスピース矯正をご提供しております。院長の中村はマウスピース矯正のスペシャリストですので、他院では治療出来ないと言われた症例や、歯を抜かないといけないと言われた難しい治療でも、当院では問題なく治療できるケースが多いです。矯正治療でお困りの方はぜひ一度お問い合わせください。

まずはぜひ当院の矯正治療の症例をご覧ください。当院の技術力が一目でご理解いただけます。

矯正治療で抜歯をして後悔するケースについて

抜歯矯正をして後悔しているという声を聞いたことはありませんか?ここでは抜歯矯正で後悔しやすいケースについてご説明します。

①口元が引っ込みすぎた

抜歯矯正における後悔する原因としておそらく最も多いのが、口元の引っ込みすぎです。

抜歯矯正は、歯が並ぶのに十分なスペースを確保するために、抜歯を行います。歯を抜いたスペースに向かって前歯を後退させることで、叢生などのガタガタの歯並びを綺麗に並べていきます。その結果として、抜歯矯正を行うとほぼ確実に歯列のアーチが後退して、口元が引っ込みます。

出っ歯の方や口ゴボ気味の顔貌の方など、口元が引っ込むことがメリットになる方も多いのですが、想像以上に口元が引っ込みすぎてしまうケースや、元々顔貌に問題はなかったのに抜歯矯正を行って口元が引っ込みすぎてしまい、後悔しているという方は非常に多いです。

②老け顔になった

口元を引っ込めすぎた場合には、老けた印象になることが多いです。軽度の出っ歯で必要のない抜歯をした場合や、顔貌には問題がないのに抜歯矯正を行った場合に、口元が引っ込みすぎてしまい老人のような顔貌になります。

口元が引っ込みすぎると、口元からハリがなくなり、ほうれい線も深くなり、老人の様な顔つきになってしまうため、歯は綺麗に並んでいるのに老けた印象になってしまい、抜歯矯正を行ったことを後悔する方が多いです。

③あごがしゃくれて見えるようになる

適切な診断が行えない状態で抜歯矯正を行うと、上顎が引っ込みすぎてしまい、下顎が前に出っ張ってしゃくれたような見た目になってしまうことがあります。抜歯矯正を行うと特に口元が引っ込みやすく、下顎の位置は変わっていないのに上顎だけが引っ込んで見えてしまい、しゃくれたような顔貌になってしまいます。

④口元のボリュームがなくなり貧相に見えた

あごが小さいことが原因で歯並びが悪くなっている場合、抜歯矯正によって歯列にスペースを作り、歯並びを整えます。その際に、口元が引っ込みすぎるだけでなく、歯列のアーチが一回り小さくなることで、口元のボリュームがなくなってしまうことがあります。

抜歯した分だけ口元が下がるだけでなく、口元が全体的にボリュームを失い、萎んだような貧相な見た目に見えてしまうことがあります。

⑤噛み合わせが悪くなる

歯列矯正で口元が下がりすぎた際に、片顎だけが引っ込みすぎてしまった場合などは、上下の顎の噛み合わせが悪くなってしまうことがあります。上下の噛み合わせが悪くなると、一部の歯にだけ過剰に負担がかかり歯の寿命が縮まってしまったり、顎関節症などの健康面の問題が生じる場合があります。

⑥抜かなくて良い歯を抜いてしまった

抜歯矯正を行う際には、なるべく噛み合わせや審美性に影響の少ない歯を選択して、抜歯を行います。前歯には審美的な役割と、食べ物を噛み切るという大切な機能があり、奥歯は噛み合わせ全体を支える役割と食べ物をすり潰す機能があるため、前歯と奥歯の中間である4番目の歯(第一小臼歯)を抜歯することが多いです。

当院でも特段の理由がなければ、基本的には第一小臼歯を抜歯します。しかし矯正治療の知見が少ない歯科医院などでは、単に『この歯を抜いた方が簡単に矯正できる』といった理由で、噛み合わせや審美に大切な役割を持つ歯を抜いてしまう場合があります。

口元が引っ込みすぎた場合の対処について

口元が引っ込みすぎた場合の対処について

抜歯矯正による後悔のほとんどは、口元が引っ込みすぎたことによって生じます。では引っ込みすぎた口元は、リカバリーすることはできるのでしょうか?

結論としては、リカバリーを行うことは可能ですが、非常にハードルの高い治療が必要になります。

抜歯によって引っ込みすぎた口元を元に戻すためには、お口のアーチを広げて前歯の位置を前に出す必要があります。そのためには、抜歯矯正で歯を抜いたスペースをもう一度広げ直し、抜歯前に歯があった箇所には、インプラントを入れるような治療が必要になります。

再矯正治療の費用+抜歯した本数と同じ本数のインプラント治療の費用がかかるため、費用面での患者様のご負担が大きくなります。インプラント治療は期間が長くかかり外科手術も伴うため、心身のご負担も大きな治療です。

抜歯矯正を行ったということは、一度目の矯正治療の際には顎のサイズが小さいために抜歯しなければ歯を綺麗に並べるのに十分なスペースが得られないと判断されたということです。再矯正ではインプラントも含めて抜歯前と同じ歯の本数を綺麗に並べる必要があるため、矯正の難易度も高まります。そしてインプラント治療と矯正治療のどちらも高いレベルで行える歯科医師はあまり多く居ないため、このような治療を問題なく行える歯科医師に巡り会える確率はかなり低いでしょう。

このようにかなりハードルの高い治療が必要になりますが、口元が引っ込みすぎた患者様の悩みは根深いようで、当院にご相談してくださる患者様は、インプラント+再矯正による治療も辞さないという方が多いです。

当院では、抜歯矯正で口元が引っ込みすぎてしまった患者様への再矯正も、これまで多数行っております。お悩みの患者様はぜひ一度お問い合わせください。

マウスピース矯正専門ドクターに
なんでも相談できる60

30秒でカンタン入力!

無料相談を予約する

抜歯矯正で後悔しないためには

抜歯矯正で後悔しないためのポイントをご紹介します。当院にご来院くださる患者様から、『後悔したくないので抜歯はしたくないです』と言われることもございますが、矯正治療は抜歯したら後悔する、抜歯しなければ後悔しない、といった単純なものではありません。

ここでご紹介するポイントをご理解いただくことで、抜歯の有無にかかわらず、矯正治療における後悔を減らすことができるので、ぜひご覧ください。

顔貌を加味して診断する医院を選ぶ

顔貌を加味して診断する医院を選ぶ

抜歯矯正の最大の特徴として、抜歯するとほぼ確実に口元が引っ込む、という点が挙げられます。

元々の顔貌として口元が出っ張っている方や出っ歯の方にとっては、口元が引っ込むのはメリットになります。その反対に、口元に問題がない患者様が抜歯矯正を行うと、口元が引っ込みすぎてしまい老人のような顔貌になったりしゃくれて見えてしまい、後悔するケースが多いです。

通常、矯正治療の前にはカウンセリングを行い治療計画を立てますが、歯並びだけを診断して治療計画を立てるとこのような顔貌の問題に気付かずに矯正治療を行ってしまうことがあります。こういったトラブルを起こさないためには歯並びだけでなく顔貌まで加味した治療のシミュレーションや治療計画を立てる必要がありますが、残念ながら顔貌まで加味した矯正治療を行える歯科医院はまだまだ少ないのが実情です。

当院をはじめとした顔貌まで加味した治療を行える歯科医院で矯正治療を行うことで、このような後悔を防ぎ、患者様の理想の顔貌を実現するための治療を受けられるはずです。

非抜歯で矯正できる歯科医院を選ぶ

顎が小さく歯を並べるのに十分なスペースがない場合、多くの歯科医院では抜歯を行うことでスペースを作ります。では抜歯以外にスペースを作る方法はないのでしょうか?

  • 遠心移動
  • 前方拡大・側方拡大
  • IPR

実は、抜歯以外にもこのように、さまざまな方法で歯を並べるためのスペースを作ることができます。しかしこれらの治療は難易度が高く、抜歯以外の選択ができない歯科医院も多いのが実情です。

抜歯をしてしまうと確実に口元が引っ込みすぎるとわかっている場合に、このような選択肢がある歯科医院で治療を受けられれば、抜歯せずに矯正治療を行い、歯並びも顔貌もより理想的な状態を目指すことができます。

カウンセリングや症例が充実した医院を選ぶ

非抜歯で矯正できる歯科医院を選ぶ

抜歯・非抜歯にかかわらず、矯正治療で後悔しないためには、カウンセリングや症例が充実した歯科医院を選択することが大切です。

患者様の理想を実現するためには、歯科医師と患者様が同じゴールを描けていることが重要です。患者様の理想とする矯正後の歯並びや顔貌と、歯科医師が思い描いているものにギャップがあると、治療がうまくいったとしても患者様が満足する結果には至りません。

また患者様と歯科医師がゴールを共有できていても、ゴールに辿り着くために必要な知識や技術を歯科医師が持っていなければ、やはり理想の結果には至りません。歯を動かすための知識だけでなく、適切に抜歯を行うための口腔外科の知識や、矯正後の歯茎下がりに対応するための根面被覆の技術、歯に欠損がある場合はインプラントやセラミックで歯を補うための技術など、患者様の理想を実現するためには矯正治療+さまざまな治療の知識・技術・経験が必要です。

こういった点を確認するためにも、矯正治療を受ける歯科医院を選ぶ際には、ホームページを熟読して症例を確認したり、歯科医院の口コミを調べてみたりといった、患者様側でのリサーチも重要になります。その上で実際にカウンセリングに足を運び、納得できる治療計画を提案いただけたのであれば、治療を受けて後悔する可能性は非常に少なくなるでしょう。

まとめ:抜歯矯正で後悔しないために

このページでは、抜歯矯正で後悔するケースと、後悔しないためのポイントについてご説明しました。

抜歯矯正で後悔する原因としておそらく最も多いのは、口元が引っ込みすぎてしまうケースです。抜歯を行うとほぼ確実に口元が引っ込みます。もともとの顔貌が理想的な状態に近い方だと、口元が引っ込んだことが審美的にマイナスに働いてしまう可能性があり、事前に顔貌まで加味したシミュレーションを行わなければ、口元が引っ込みすぎてしまい後悔を生む原因になります。

多くの歯科医院は『抜歯した方が簡単に歯列を綺麗にできる』『このケースは抜歯するのが常識』といった形で、矯正治療の抜歯・非抜歯を決めてしまいます。当院では、口元が引っ込みすぎてしまうから抜歯しない方がいい、口元を引っ込めた方が審美的なので抜歯した方がいいといった、お口元や顔貌を加味した診断によって抜歯・非抜歯を決めており、それを実現できるだけの矯正治療の技術力があります。

院長の中村はマウスピース矯正のスペシャリストですので、他院では治療出来ないと言われた症例や、歯を抜かないと難しいと言われた治療でも、問題なく治療できるケースがほとんどです。矯正治療でお困りの方、後悔したくない方は、ぜひ一度お問い合わせください。

マウスピース矯正専門ドクターに
なんでも相談できる60

30秒でカンタン入力!

無料相談を予約する

【執筆・監修者】

Mouth Peace 矯正歯科 院長

中村竜三 (歯学博士)

インビザラインドクター

国際口腔インプラント学会認定医

詳しい経歴はこちら