40代からの歯列矯正。よくある失敗や後悔、治療の注意点を詳しく解説 | ワイヤー矯正をしたくない方向けの大阪の専門医院

40代からの歯列矯正。よくある失敗や後悔、治療の注意点を詳しく解説

歯周病でも矯正治療は受けられる?できないケースやリスクを症例も交えて解説します

『長年歯並びがコンプレックスだったけど、時間やお金に余裕ができたので矯正治療をしたい』
『歯並びが年々ガタガタになってきて、今後どうなるのか心配』
『そもそも40代から歯列矯正できるの?」
       

『歯並び治したいけど、今更矯正治療していると周りにバレたくない』

歯列矯正は子供の頃に行うイメージが強いかもしれませんが、近年では大人になってか歯列矯正を受けられる方も増えてきています。

実際に当院では、矯正医院では珍しいですが子供の方より40代の方の治療を多く担当させて頂いており、40代から矯正をご希望される患者様よりご相談を毎月10名以上頂いております。

大人になってから矯正治療を受ける方は増えていますが、かかりつけの歯医者さんでは出来ない、治療する必要がないと言われたり、矯正専門クリニックに相談に行くと歯周病や歯茎、被せ物が原因で『矯正治療はできません』と治療を断られてしまう方もおられるようです。実際に当院には、40代、50代の方で他医院で矯正治療は難しいと断られた方がセカンドオピニオンに多く来られます。

40代、50代の方は若年者に比べ、歯茎や歯槽膿漏、過去に行った虫歯治療といった問題も抱えている場合が多いため、歯列矯正の知識だけでは対応が難しいことが多いです。そのためどこで治療していいか分からないと悩まれている方も少なくありません。

そこでこのページでは、40代からの矯正をおこなう注意点や、よくある失敗、どのような治療を受ける必要があるかなど解説します。

大阪府松原のマウスピース矯正歯科では、インビザラインを使用したマウスピース矯正をご提供しております。院長の中村はマウスピース矯正のスペシャリストですので、他院では治療出来ないと言われた症例や、難しい治療でも、当院では問題なく治療できるケースが多いです。矯正治療でお困りの方はぜひ一度お問い合わせください。

まずはぜひ当院の矯正治療の症例をご覧ください。当院の技術力が一目でご理解いただけます。

40代の矯正治療は矯正後のトラブルが多いのはご存知ですか?

40代などの矯正治療は実は10代、20代の方の矯正治療に比べると難しいんですね。

それは歯茎の問題や、歯槽膿漏、過去に治療してる歯が多かったり、歯がないところがあったりするため、矯正治療だけでなく総合的に治療が必要になることが多いからです。

簡単にいうと歯並びだけ綺麗に並べれば終わり、というわけにはいかないのです。

1本1本の歯の状態や歯茎や骨の状態をしっかり検査せずに、歯並びだけ診て治療すると、さまざまなトラブルが起こることがあります。

実際に当院にも、以前に矯正治療は終わったけど、色々問題が起こってしまって、どうしたら良いかという相談に来られる方も多いです。

実際によく起こるトラブルとその原因、その解決方法について解説したいと思います。

歯と歯の間に隙間ができる(ブラックトライアングル)

40代からの矯正治療で問題になるのは、歯と歯の間に黒い隙間が出来てしまう、ブラックトライアングルです。

ガタガタが大きい下の前歯を治療した場合に、特に問題になりやすいです。ブラックトライアングルができると、すきっ歯みたいで老けた感じに見える、見た目が気になる、物が詰まりやすいなどの問題があります。

40代からの矯正治療でブラックトライアングルが出来やすい理由は、長年ガタガタ部分が磨きにくく、歯石が付きやすく、少し歯茎や歯の周りの骨が痩せていることが多いためです。

ブラックトライアングルは矯正治療の失敗ではありませんが、40代以降で矯正治療を行う場合は起こる可能性が高いです。当院では矯正治療中に出来る限り起こりにくいように予防するのと、どうしても避けられない場合はブラックトライアングルの治療にも対応していますので、ご安心ください。

>>ブラックトライアングルの原因と治療法

歯肉退縮(歯茎が下がってしまう)

前述のブラックトライアルとは異なり、歯の根本の歯茎が下がってしまうというトラブルもあります。

ブラッシングの力が強い、歯茎が薄いなどの理由で元々歯茎が下がっている方に矯正治療をおこなうとより悪化する可能性があります。

これも10代、20代の方に比べると40代、50代の方の方が歯茎が痩せているカースが多いため、若年者に比べるとトラブルが起こる可能性が高くなります。

歯茎が今より下がってしまう原因は、歯を歯茎や骨が薄い方に拡大し移動してしまうことです。

歯茎が下がってしまうのを予防する方法は、歯茎や骨の厚みを3次元的なCTというレントゲンで確認し、歯を並べる位置を設定をすることや、歯茎が薄い部分は歯茎を分厚くする処置を矯正前もしくは矯正後に行うことなどがあります。

当院ではすべての患者様にCTという3次元的なレントゲンを撮影し、歯と歯茎、骨の位置を確認しながら歯を並べる位置を決めていきますし、歯茎を分厚くする処置や、すでに歯茎が下がっている部位を元々の状態に戻す処置をおこなうことが可能です。

実際に歯茎が痩せていたりする場合は、矯正治療が出来ないと診断を受ける方が多く、そのような方でも当院では多く治療させて頂いています。

老け顔になる、顔に張りがなくなる

20代の方でも注意が必要ですが、40代、50代の方で特に注意が必要なのは、前歯を引っ込めすぎて、ほうれい線が深くなったり、顔に張りが無くなり、老け顔になってしまうということです。

当院では40代、50代の方には極力歯を抜かずに治療するプランを立てるようにしています。

40代、50代で前歯がガタガタになってきたという方のほとんどは奥歯が年々前や内側に倒れてきて、奥歯が前歯を押してくることで前歯がガタガタになっています。ガタガタがあるからという理由だけで抜歯矯正をしてしまうと、前歯の位置が中に入りすぎ、お顔が老けた印象になってしまいます。

前に倒れてきている奥歯を元の位置に戻すことで、ガタガタを改善することは可能です。元々八重歯で歯が重なっているような状態であれば抜歯矯正をしても、前歯の位置はほとんど変わりませんので、そのような場合は抜歯することもあります。

老け顔になってしまわないようするポイントは、奥歯を後ろに移動させる遠心移動をおこない、出来る限り歯を抜かずに並べる事、歯並びだけでなく横顔を分析し歯を並べる位置を決定する事です。

当院ではすべての患者様に横顔シュミレーションをおこない、治療後の横顔の変化を確認してもらった上で治療をおこなうようにしています。

矯正期間が長く、治療中に歯が悪くなった

矯正治療期間中に歯が悪くなってしまう場合があります。

1番の理由は、矯正治療前に歯の状態を確認していなかったという事多いです。

例えば神経をとってる歯の根の先が膿んできた、銀歯の下の虫歯が進行して、矯正中に歯が取れたなどです。

3ヶ月に1度歯の定期検診にいっているから大丈夫と思っていても、きちんとレントゲンなどでチェックしていないと見逃されていることも多いです。

当院では過去に治療している歯で怪しいところなどは検査した上でやり直しする事が多いのですが、実際中をあけてみて写真で患者さんにお見せすると「定期検診に行っていたのにショック、、、」と言われる方は少なくありません。

目で見るのは限界がありますので、3次元的なCTというレントゲンで骨や歯の状態を隅々までチェックする事が大切です。

矯正治療後に歯を抜かないといけなくなった

前述の歯をしっかり検査していなかった事が原因でもありますが、矯正治療が終わったのに、治療後それほど時間が経っていないのに歯を抜かないといけなくなったというトラブルもあります。

しかも最悪なのが、健康な歯を抜歯して歯を並べる矯正治療をおこない、あまり状態の良くない歯が残っているという状況です。

健康な歯を抜いて歯が減っている状態で、状態の悪い歯が矯正治療後に悪化して歯を抜かないといけなくなると、さらに歯が減ってしまいます。

こうならない為に事前に歯の状態をしっかりチェックして、矯正治療で歯を抜く必要がある場合は健康な歯ではなく、状態の悪い歯を優先して抜いて矯正治療をすることが大切です。

全てのケース出来るわけではありませんが、当院では可能な限り神経の処置(根管治療)がされており、将来的に悪くなりやすい歯を優先して抜歯するようにしています。(あくまで抜歯がどうしても必要な場合です)

歯がグラグラして抜けそう

歯がグラグラしている場合は矯正治療後に固定を行います

矯正治療が終わったが、歯がグラグラして噛めないというトラブルもあります。

歯周病で歯の根っこを支えている骨がかなり溶けてしまっている場合は、矯正治療中に歯周病が悪化してグラグラしてしまう事があります。

歯周病だから矯正治療が出来ないというわけではありませんし、元々揺れがない場合はまったく問題ありません。

ただ歯周病の管理をしっかり行いながら矯正治療を行う必要はあります。

また元々歯が少しグラグラしているようなケースでは矯正治療する場合は、かなり弱い力で歯を動かすように工夫する必要がありますし、治療後に揺れが治らない場合は隣の歯同士を固定する必要があります。

矯正治療期間中の歯の磨きやすさ、歯を動かす力の強さが大切ですので、歯周病の方は強い力で、磨きにくいワイヤー矯正よりも、歯磨きがしやすく、弱い力で歯を動かすことができるマウスピース矯正の方が向いていると考えています。

矯正治療は終わったが噛みにくい

歯並びは良くなったが、噛みにくくなったというトラブルもあります。

40代以降の方は、長年歯を使ってきて、歯ぎしりで歯がすり減っていたり、被せ物が入っていたりして、歯の形に問題がある場合があります。

矯正治療では歯の位置を変えることは出来ても、歯の形と色は変えれません。

この歯の形が良くない場合、せっかく歯を並べても上下で綺麗に噛み合わさらないため、噛みにくいと感じる方もいらっしゃいます。

そのような場合は、矯正治療だけでは限界がありますので、歯の形を修復したり、被せ物をやりかえたりする必要があります。

トラブルが心配なので、40代から矯正治療はしないほうがいい?

前述でトラブルの話をしましたが、結論的には40代からでも歯列矯正は遅くありませんし、きちんとした検査、総合的に治療が対応可能であれば、問題はありません。

歯並びや噛み合わせが悪いと、将来歯が抜けやすいという事はご存知でしょうか?

40代といっても、人生100年時代においては、まだまだ自分の歯で美味しいもの食べたりする必要があります。

40代、50代のうちにお口の中をリフォームして、これからの人生に備える事はとても大切です。

今更費用かけて、やる必要がある?と周りに言われたりする事もあるかもしれませんが、歯並びが悪いまま歯が抜けてしまって、インプラントなどで人工の歯を入れる方が、むしろ費用はかかってしまいます。

矯正治療をおこなうと口元に自信が出て、いつまでも思いっきり笑えますし、自分の歯を永く持たせることが出来るので、迷われている方も矯正治療を受けた後はみなさん、矯正治療して本当に良かったと言われます。

40代以降の方の矯正治療のポイント

歯はできる限り抜かないで矯正する

40代や50代の方は歯をできる限り抜かない矯正治療をおすすめしています。歯を抜いて口元を下げると、口元の張りがなくなり、老けた印象になることが多いです。年々前歯がガタガタしてくる理由は、奥歯が前に倒れてくるからです。なので前に倒れてきている歯を元々の位置に戻す矯正治療を行うのが良いと考えております。当院では他でワイヤー矯正で健康な歯を4本抜いて歯列矯正すると診断を受けた場合でも、奥歯の位置を奥に移動させる遠心移動という方法を行い、抜歯せずに治療可能なことが多いです。

もちろん歯が完全に重なっている場合や、重度の八重歯のケースでは抜歯する事はあります。ただ抜く必要がないガタガタなどをワイヤー矯正では簡単に抜歯と診断して治療を行うケースが多いです。

>>50代女性の歯を抜かずにマウスピース矯正を行った1例

CTという3次元的なレントゲンを使用し、歯や歯茎の状態を詳しく検査する

定期検診に通っていても、実は虫歯になっている事も多い

当院では全て患者様にC Tという3次元的なレントゲンを無料で撮影させて頂いております。理由は矯正期間中に中で虫歯が進行して、矯正後に歯がダメになっていたなんて事は避けたいからです。定期検診に行っているから大丈夫と思っていませんか?昔治療した銀歯や詰め物を外すと高確率で問題が起こっています。そのような経験からも、責任もって患者様の歯並びと歯の状態を診させて頂きたいため、事前に詳しく検査させて頂いています。

神経の治療しているところは、2次元レントゲンでは診断が難しい

神経の治療をしている歯は要注意です。2次元的なレントゲンだと正確に確認できないことがほとんどです。

疲れた時に歯茎が腫れることがある、歯が浮いた感じがするけど、歯科医院では問題ないと言われている事もあります。根の先が膿んで、骨が溶けている場合もあります。その場合、治療をするのか、矯正治療で状態の悪い歯を抜歯して、歯を並べるのか事前に判断する必要があるため、詳しく検査する事は大切です。

歯列矯正で抜歯が必要な場合もあります。もし詳しい検査をせずに、健康な歯を抜歯して、途中で神経を取っている歯が痛み、最悪の場合は抜歯しないといけないとなってしまうと、矯正治療で抜歯した歯に加え、さらに自分の歯がなくなってしまいます。

そのような事がないように、当院では事前に1本1本の歯の状態を調べるようにしています。

磨きやすく、歯に負担の少ない矯正装置の選択

40代以降の方は被せ物をしていたり、歯周病の問題を抱えている方も多いです。私もワイヤー矯正を長年行ってきましたが、やはり磨きにくいという欠点がございます。矯正治療期間中に磨きにくく、歯が悪くなってしまうというリスクもあり、今ではマウスピース矯正をお勧めしております。

またワイヤー矯正に比べ、弱い力で歯を動かしていくため、歯や顎の骨に負担が少ないと言えます。

40代以降の方が今更矯正治療をしていると、バレたくないという方も多いですが、マウスピース矯正の場合、他の人に気づかれずに矯正治療を進めれることはメリットだと思っています。

総合的に治療できる先生or連携している矯正専門医に診てもらう

前述した通り、40代以降の歯列矯正は歯を並べたら終わりという人の方が少ないです。過去に治療した歯や歯周病、歯茎の問題など複雑になることが多いです。歯列矯正のみ行っているクリニックでは対応が難しい事も多いため、総合的に治療できる先生に診てもらうか、歯列矯正のみ行っているが、その他は専門クリニックと連携して治療を行っているような先生に診てもらうのが良いと思います。

歯周病が進行している場合は、歯周病治療を優先します

歯周病が進行しており、すぐに矯正治療を行えないと判断した場合には、歯周病治療を優先して行います。歯茎の深い箇所に付着した歯石を外科的な治療を行って除去するなど、少し時間のかかる治療が必要になる可能性もあります。

それなら矯正治療は諦めようと考える方もおられるかもしれませんが、矯正治療ができない程度に進行している歯周病を放置すると、その後には高い確率で歯周病がさらに悪化し、最終的に歯を失う結果に繋がります。

そのため矯正治療よりも優先して歯周病治療をぜひ受けていただきたいと思います。

40代の方はマウスピース矯正、ワイヤー矯正どちらがおすすめ?

ケースバイケースなので一概には言えませんが、40代の方はマウスピース矯正の方が適しているケースが多いと当院では考えております。

理由はいくつかありますが、1つに清掃性が挙げられます。マウスピース矯正で使用するマウスピースはご自身で取り外しを行えるため、外して清掃を行い常にお口の中を清潔に保ちやすい利点があります。ワイヤー矯正のワイヤーはご自身で取り外せないため、清掃が難しく、装置と歯の間に食べ物のカスが溜まってしまったりと衛生環境が悪くなりやすいです。

当院にはワイヤー矯正じゃないと難しいと診断を受けたので、ワイヤー矯正でやるなら矯正治療を諦めようと思っていると相談を受ける事が多いです。

40代からワイヤー矯正を行うことは悪くありませんが、周囲に気づかれてくないという方はやはり多いと感じています。40代からの歯列矯正は決して遅くはなく、ご自身の歯で生涯過ごすために、とても有効な治療と考えています。

当院では従来ワイヤー矯正でしか難しいとされていた、歯並びもマウスピース矯正のみで治療出来ますので、一度ご相談ください。

後々歯を失ってからインプラントや入れ歯になると費用がよりかかることもあるので、40代、50代で歯列矯正することは大切です。

まとめ:40代以降の矯正治療は当院まで

このページでは、40代以降の矯正治療を検討されている方や、他院で矯正治療を断られてしまった方に向けて、40代以降の矯正治療の注意点やポイントについてご説明しました。

歯や歯茎に全く問題なければ、矯正治療のみで治療を行うことも可能ですが、歯の治療しているところや歯茎が痩せているなどがある場合、通常の矯正治療を行った際にさまざまな不都合が生じます。せっかく歯並びを綺麗にしたいのに、歯茎が下がって見た目が悪くなったり、大切な歯を失ってしまっては元も子もありません。

歯茎や被せ物が多く入っている、歯がないところがあるなどの問題を抱えている場合は、矯正歯科ではその治療に対応ができず責任もって診ることが出来ないため、治療を断られてしまうこともあります。当院では一人でも多くの矯正治療を受けたい患者様のご希望を叶えるために、矯正専門院ではありますが、さまざまな治療にも専門的に取り組んでおり、40代から矯正をご希望される患者様よりご相談を毎月10名以上頂いております。

他院で矯正できないと断られてしまった方や、今更矯正治療は遅くないかと悩んでいる方、諦めずにぜひ一度当院までご相談ください。歯並びや噛み合わせが悪いと、将来歯が残りにくくなります。歯を失ってからではなく、ご自身の歯が残っているうちに歯列矯正を行い、ご自身の歯で一生過ごせるお口の環境づくりをしませんか?

大阪府松原のマウスピース矯正歯科では、インビザラインを使用したマウスピース矯正をご提供しております。院長の中村はマウスピース矯正のスペシャリストですので、他院では治療出来ないと言われた症例や、重度の歯周病を抱えられた難しい治療でも、当院では問題なく治療できるケースが多いです。矯正治療でお困りの方はぜひ一度お問い合わせください。

マウスピース矯正専門ドクターに
なんでも相談できる60

30秒でカンタン入力!

無料相談を予約する