セラミック治療 古い差し歯のやりかえ - ワイヤー矯正をしたくない方向けの大阪の専門医院

セラミック治療 古い差し歯のやりかえ

今回は当院で治療した、セラミック治療の症例をアップしました。

患者さんのお悩み、希望
右奥歯がグラグラして、抜けてしまった。全体的に噛み合わせが悪く、ボロボロになってしまっているので、これを機に噛み合わせを治したい。前歯の差し歯の見た目も気になっている。
治療方法
歯が無いところはオンプラントで回復させました。噛み合わせが悪いところは矯正治療で歯並びを改善し、古い被せ物はセラミックの被せ物で噛み合わせと見た目を回復させました。
治療期間
2年

古い差し歯のやりかえ セラミック治療 Before after

インプラントと矯正治療の両方治療する場合の注意点

インプラントの位置がとても重要

インプラント治療は歯が無いところに、歯の根の代わりとなるチタン製のボルトを骨に固定し歯を立てる方法です。入れ歯と違ってしっかり固定されるため、なんでも噛めるのですが矯正治療と併用する場合は注意が必要です。

矯正治療では歯を動かして歯を並べていきますが、インプラントは一度入れると抜かない限り、移動させることができません。矯正治療前に行う場合は、最終的な歯並びを予測した上でインプラントを埋入する必要があります。

最終的な歯並びを予測してインプラントを行わなかった場合、矯正後には邪魔なポジジョンにインプラントが入ってしまっている場合もあります。そうなると撤去して入れ直すか、妥協して噛み合わせを作るしかなくなります。

治療の順番はどちらが先?

矯正治療とインプラント治療のどちらを先に行えばいいのか分からないという質問をよく受けます。

結論から言うとケースバイケースです。奥歯に歯がないと前歯を動かすことができないため、そのような場合は先にインプラントを行うのが良いです。ただし矯正治療の診断が先なので、別の先生にそれぞれ治療してもらう場合は、矯正治療の診断を受けて、どの位置にインプラントが必要か決定することが重要です。

当院では、院長の中村は国際口腔インプラント学会の認定医でインプラントの経験も豊富なため、インプラントと矯正治療を一医院で行うことが可能ですし、そのような難しい患者さんの治療を多く担当させて頂いております。

治療後の感想、治療費用

患者さんの感想
だんだん歯がなくなり、噛みにくくなってきたので、今後どうなっていくのだろうと心配でしたが、噛み合わせも、見た目も良くなって本当に治療してよかったです。
矯正治療もこの年齢からワイヤーをつけるのは抵抗があったので、マウスピースでできた事がよかったです。
リスク
適切な調整を行なわないと、セラミックの一部が欠けることがあります。
費用
オールセラミッククラウン 13.2万円(税込)/1本 マウスピース矯正77万円(税込)インプラント44万円(税込)

【執筆・監修者】

Mouth Peace 矯正歯科 院長

中村竜三 (歯学博士)

インビザラインドクター

国際口腔インプラント学会認定医

詳しい経歴はこちら